膵臓ガンの父の元へ。グアムから緊急帰国。

airplane

子宮頸がんを自力で治した友人の話を聞き、
父に呼吸法を学ばせることを決めた。

 

友人がオススメの呼吸法コースの日程を調べてくれたのだが、

なんと2日後から月に1度のセミナーがスタートするらしい。

 

さらに、

 

半年に1度しかないレアな合宿が9日後に開催される。

そう、友人のガンが消えた合宿だ。

 

「これは、行かせるしかない・・・。」

 

家族に連絡をとる。

 

膵臓ガンの発覚は、7月5日(当時)。
呼吸法のセミナーは7、8、9日。
父の精密検査は、10日、12日。
呼吸法、瞑想の合宿は14、15、16、17日。
精密検査結果は18日。

どうだろう、この神がかった予定。

 

すべての予定が被らずに綺麗に配置されている。

もう行けと言われてるとしか思えない奇跡的な配置だ。

緊急帰国。

beach

そのセミナーに父だけを行かせるわけには行かない。
僕が付き添わなければ・・・。

 

グアムの宿泊12日分を破棄して、
帰りの飛行機も破棄して、

翌日に緊急帰国することに決めた。

 

しかし、

直前で取る航空券はどれも高いものばかりで、
片道で7万円以上という高騰ぶりで二の足を踏む。

 

往復3万円のチケットを購入していた僕には、
この出費はかなり痛い。

 

が、ここで友人が助け舟を出してくれた。

保有しているマイルを活用して
安くチケットを発券してくれたのだ。

 

本当にありがたい。

 

病気の時には人の優しさが身にしみるというが、

それは、家族の場合でも同じなのかもしれない。

 

 

7月1日にグアム入りし、7月19日に帰国予定。

7月5日に膵臓ガン発覚。

7月6日に緊急帰国。

 

結局、今回は一度もグアムの海を見ることもなく、

父の待つ愛知へと飛び立った。

 

今度グアムへ来る時は、

家族全員連れて戻ってこよう。

 

いつかではなく、

近いうちに。必ず。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

health

まだやれることはある。ガン対策①ケトン体増加

healing

ガンに対抗する免疫力を高める武器を手に入れた。

cure

子宮頸がんを免疫力で治した友人の話。

green

希望。血液検査に落胆するのはまだ早い?

アマルガムが体を汚染する。ガン治療の前に除去を。

まだやれる。ガン対策②超高濃度ビタミンC点滴療法