膵臓がんの可能性発覚、父が死ぬまでにしたいこと。

amazon

腫瘍マーカーの意味を検索したのは、
父の検査結果の異常値を聞いてからだった。

家族の中では、「ちょっとした何かの異常ぐらいだろう」
「悪い病気ではない・・そうであってほしい」

そんな空気が流れていた。

正直なところ、父がガンだなんて思ってもみなかった。
それもまさか、膵臓がんとは・・・。

実際、父は健康そのものに見えたし、
本人も体の不調は一切感じていなかった。

だから、父はこの検査結果を受けても
まだ何かの間違いだと思っていたようだ。

 

僕は父に内緒で腫瘍マーカーについて検索をした。

膵臓がんに対して高確率でワークする腫瘍マーカーだとわかり、
初めて”ガン”なのかもしれないと思った。

すい臓がんって?

ここから膵臓がんについて調べ始めた。

膵臓がんは末期症状になるまで痛みが出ないこと。

痛みが出る頃には、ほぼ治る見込みもないこと。

5年生存率が10%未満なこと。

最悪、余命3ヶ月や半年だということ。

調べれば調べるほど、絶望的だった。

 

それと同時にまだ希望も持っていた。

膵臓がん意外にも、腫瘍マーカーが反応する場合がある、
そう書いてあったからだ。

だから、

その希望も含めてなるべく深く考えないようにしていた。

けれど、

漠然と浮かんでくるのは、もしも余命半年だったなら、ということだった。

余命半年だとしたら父に何をしてやれるだろう。

amazon river

そんな考えが浮かんでいた。

思い出したのは、父がふと語った「アマゾンに行きたい」という話。

大自然が見たい。

野生の生き物が見たい。

そんな思いだったのだろう。

 

どうしたらアマゾンに連れて行けるのだろう。

期間はどれほどみればいいのか?

家族で行くには流石に僕の経済力では厳しそうだ。

父は人工肛門だから、そのあたりの荷物はどうなるのか。

航空券の価格はどうか、

衛生環境はどうなのか、

もし旅行中に病気が悪化したらどうなる?

家族とは遠く離れた地で、僕一人で看取ることもあるのか?

・・・。

 

でも、大自然の中でたくましく過ごしていれば、

ガンも治るかもしれない・・・

 

などという考えがずっと巡っていた。

後悔なく安らかに逝ってもらうために、

僕に何が出来るだろう?

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ガンの父へ親孝行。スマホをプレゼント。

どんなガンでも自分で治せる!

sad

真っ白な膵臓。膵臓がんがほぼ確定した。

ビタミン・ケトン療法がガンに効く!オススメのサプリ。

yoga

呼吸法・瞑想の合宿へ。新潟の山奥で瞑想三昧。

health

まだやれることはある。ガン対策①ケトン体増加