膵臓がんの始まり、CA19-9腫瘍マーカーに異変。

膵臓がん

さて、過去に遡って父と膵臓がんの始まりを綴っていこうと思う。

父は5年前に大腸ガンを患い、手術の末に人工肛門を取り付けることで一命を取り留めた。その後、順調に再発もせずに過ごしてきたのだが、念のために定期的に病院で検査を受けていた。

2017年3月、血液検査に異常が出た。

CA19-9という、膵臓がんの発見に関わる腫瘍マーカーだ。

CA19-9という腫瘍マーカー

CA19-9は膵臓がんや大腸がんや胃がん、胆嚢がん、胆管がんなどで高頻度かつ高精度で反応するマーカーだそうだ。良性の疾患が反応することは稀であり、100u/mlを超えることは稀らしい。

CA19-9の基準値は、37u/ml。

父の検査結果は100u/mlを超えていた。

腫瘍マーカーの精度を考えれば、
この時点で精密検査を検討してもよかった。

何かしらのガンの可能性を懸念してもよかった。

にも関わらず、担当医師はこの時、がんに関しては少しも匂わせずに、

「様子を見るために、もう3ヶ月様子を見てみましょう。」
「誤差で次には下がっている可能性もありますので。」

と言ったそうだ。

今思えば、なんて無責任な言葉なんだろう。

父はやや不安になりながらも、何も体に異変は感じていないし、
何かの間違いだと思ったそうだ。

そんなわけはない、そう思いたかったのかもしれない。

僕たち家族も、毎日の生活に追われていて余裕がなく、
この検査結果を深く追求することは無かった。

「ネガティブな感情や不安は、
ネガティブな現実を引き寄せる。」

うちの家族は、
心が現実を作ることを信じている。

だからあえて深く触れなかったとも言える。

3月の時点では、この腫瘍マーカーの名前も、
何が問題になっているのかも知らなかった。

3ヶ月後の腫瘍マーカーCA19-9

膵臓がん

医師に指定された約3ヶ月後、再度血液検査をした。

CA19-9の数値は、328。

たった3ヶ月で3倍にまで上昇した。

何も考えず、何の対策もせずに、
いつも通りに過ごしたこの3ヶ月。

もし父が膵臓がんを治せずに、
早期に亡くなってしまうようなことがあれば、

この平和だった最後の3ヶ月を無為に過ごしたことを、
ずっと悔やむことになるのだろう。

もしも3ヶ月前に精密検査をしていたら、、、
もしも3ヶ月前から何か対策を初めていたら、、、と。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

doctor

膵臓がん宣告なんて笑い飛ばせ。

pet ct

PET CT検査へ。膵臓ガンはあるのか。

health

まだやれることはある。ガン対策①ケトン体増加

続、急性前立腺炎。免疫力を高めろ。

silent

沈黙は贅沢。瞑想と浄化の4日間。

ビタミン・ケトン療法がガンに効く!オススメのサプリ。