呼吸法・瞑想の合宿へ。新潟の山奥で瞑想三昧。

yoga

父の膵臓ガンが発覚したのが7月5日。

呼吸法のセミナーに参加したのが、7月7、8、9日。

そして、

今回の呼吸法・瞑想の合宿が7月14日〜17日だった。

この瞑想合宿は半年に1度しかないらしく、
こんなにスムーズに受けられる日程は奇跡的だそうだ。

まるで「コースを受けろ」と導かれているようで、

迷わず父を参加させることを決意した。

強い浄化作用が起こる合宿

cure

子宮頸がんを治した友人が、好転反応が出たのがこの合宿。

パート2コース 〜沈黙と瞑想のプログラム〜

このワークショップは、パート1コースを受講された方々を対象にした、瞑想をメインに行うコースです。日ごろ働きずくめのメンタルやカラダに、深い休息を与えることで、平穏な「本来の自己」を取り戻します。

外側に氾濫するさまざまな情報は、私たちのストレスの大きな原因となります。そうしたものから距離を置く「サイレンス(沈黙)」を実践することで、身体、メンタル、そしてスピリチュアルな面を、根底からリフレッシュします。

心の平安を感じないとすれば、それはマインドがいつも「おしゃべり」をしているからです。このコースには、そのような「話しっぱなし・考えっぱなし」のマインドの、さらに奥にある「静けさ」へと私たちをいざなう、さまざまなプロセスが用意されています。

本コースは通常、自然の美しさと静けさを味わえる環境で、宿泊しながら行われます。
深い心の平安を体験し、心身をフルに「充電」するこのコースをぜひご受講ください。

コースの主な内容:

カラダの眠っている部分を呼び覚まし活性化するユニークなヨガ
2~3日間にわたる沈黙(サイレンス)
さまざまな誘導瞑想
自宅で実践できる新たな呼吸法
心と感情をうまくコントロールするための智慧のセッション…etc。

行われたのは新潟。
新潟なんて今まで行ったこともなかった。

今回参加するのは、父と僕と姉。

母は残念ながら外せない用事があり、
参加ができなかった。

姉は東京から新幹線で新潟へ。

僕は父とともに愛知から車で向かうことにした。
片道6時間の道のりだ。

2人で車で遠出なんて生まれて初めてかもしれない。

新潟のスキー場付近のホテルへ

niigata

このホテルを貸し切って、合宿は行われた。

参加者は約70名。

3泊4日もある合宿に70名も参加するとはすごいことだ。

部屋は2人で1部屋。特別な事情がない限り、
知らない人と同室になる。

このコースには、インドから指導者がきて
通訳機をつけて同時通訳がされる。

ちなみにこのヨガ団体は、

世界155カ国に広がっている大きな団体らしい。
呼吸法などのコース受講者は、3.7億人にものぼるとか。

さて、

合宿はどうだったかは次回。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

family

ガンの手術を受けるか?抗がん剤か?家族の想い

green

希望。血液検査に落胆するのはまだ早い?

膵臓がんの手術

迫る血液検査に恐怖。ガンへの対策は実を結ぶのか。

(怒)北朝鮮のせいでグアム行き家族旅行が無くなった。

怖い。膵臓ガンの父の余命を想う。

膵臓ガンの治療で、波動療法のクリニックを予約した。怪しい・・・。