がんは、免疫力で治るかもしれない。見えた光明。

膵臓がん

がんは治らない。がんは不知の病。

発見が遅れたら手の施しようが無い。

がんは敵。がんの原因は不明。

がんは遺伝子の異常。

 

がんについてのイメージは、
こんな感じだろうか。

がんの中でもとりわけ死亡率の高い
膵臓がんならなおさらイメージは悪い。

 

インターネット上では、
膵臓がんについての希望を持てる情報を見つけられなかった。

しかし、

肝臓がんや肺がんの末期から治した人の情報は出てきた。

治った人がいるのなら、

ガンは不治の病ではない。

 

西洋医学では治せなくても、

治る道がどこかにあるのでは?

もしかしたらガンは治るかもしれない。

cure

ガンは熱に弱い。

だから体温39度以上まで熱をあげられる免疫力が
あればガンは死ぬ。

 

ガンは低酸素を好む。

だから十分な酸素を取ればガンは弱る。
=低酸素だからこそガンが育つ。

 

ガンはブドウ糖が栄養である。

だからブドウ糖を与えなければガンは弱る。
=ブドウ糖の取りすぎがガンを育てる。

 

ガンは浄血装置である。

ガンは敵ではなく、
むしろ延命をさせてくれている。

 

ガンは不知の病ではない。

ガンは生活習慣病である。
=生活習慣を変えれば治る。

 

・・・・。

 

調べると、ガンの本当の姿が見えてきた。

 

不知の病だというガンのイメージはどんどん崩れて言った。

 

もしかしたら、治るかもしれない。

父の膵臓がんも治せるかもしれない。

 

7月5日、膵臓がんが発覚した日。

そして、膵臓がんが治ることへの光明が見えた日。

 

続き → 子宮頸がんを免疫力で治した友人の話。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

(怒)北朝鮮のせいでグアム行き家族旅行が無くなった。

ケトン体をあげるためのサプリ、KetoCaNaを購入。

アマルガムが体を汚染する。ガン治療の前に除去を。

膵臓がん

運命の血液検査、CA19-9激増。膵臓ガンは甘くなかった。

family

ガンの手術を受けるか?抗がん剤か?家族の想い

jobs

膵臓ガンで死んだスティーブ・ジョブズの食生活。