糖質制限で痩せすぎて悩む父。太るには?

ガンの対策を優先するのは当然のことだとは思う。

抗がん剤だって副作用で、脱毛を経験したり、
見た目の変化はつきまとう。

父も、ケトン体をあげるために糖質制限をしているが、
想像以上に痩せすぎてしまって悩んでいる。

体大丈夫?もっと食べなきゃダメだよ。

父は自分が膵臓ガンであることを誰にも言っていない。

それは母も同じだ。

周りの友人や、親族にも一切伝えていない。

 

余計な心配はかけたくない。

そういう配慮だ。

 

知っているのは、僕ら家族と、

僕ら姉弟が相談しているわずかな友人のみだ。

 

父は大腸ガンの時も、手術が終わって
退院するまで、誰にも言わなかった。

痩せた、と心配されることが苦痛

父は糖質制限をし始めてから、2ヶ月で10キロ以上痩せた

糖新生で筋肉が落ちたことも大きい。

本人が元気でも、周りからみると、コケて見えるようで、
心配されると父もつい心配になってしまう。

 

だから今は、もう少し太りたいという願望があるようだ。

どうしたら太れる?何が問題か?

糖質制限をする場合、エネルギー源は脂肪になる。

おそらく今の食事では脂質が足りてないのだろう。

食事の量は、いつもお腹いっぱい食べている。

糖分を抜いたら人は、太りたくてもなかなか太れないことがわかる。

 

治療のためには、ケトン体の数値をあげることが最優先。

だから糖質を増やすわけにはいかないが、

痩せすぎたことで父のQOLは下がってしまった。

動物性のタンパク質と脂質を十分とること

これが解決策のようだ。

ベジタリアンの食生活から始まったガン対策。

動物性の食品を避けてきたことが、痩せすぎてしまう原因らしい。

難しいところだ。

 

動物性の肉は発がん性をあげると知り、避けてきたわけだが、

糖質を制限した上でなら問題ないという記述も見つけた。

 

父に豚肉、牛肉を解禁する日も近いかもしれない。

 

まずは解禁している鶏肉をメインで増やして行こうと思う。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

敗血症から快復。9日間で退院できました。

どんなガンでも自分で治せる!

silent

沈黙は贅沢。瞑想と浄化の4日間。

ガンに効く?呼吸法の知られざる効果。

green

希望。血液検査に落胆するのはまだ早い?

膵臓がんの手術

迫る血液検査に恐怖。ガンへの対策は実を結ぶのか。