迫る血液検査に恐怖。ガンへの対策は実を結ぶのか。

膵臓がんの手術

タイでの家族旅行という大きなイベントを終えて、
膵臓ガンの父が普段の生活へと戻った。

 

次に父に待ち受けているのは、

血液検査だ。

 

腫瘍マーカーに異変が起きたのが、3月。
膵臓ガンの疑いが高まったのが、6月。

血液検査は6月以来なので、約3ヶ月ぶりとなる。

ガンへの対策は実を結ぶのか?

膵臓ガンが発覚してから、少しはやれることをやってきた。

 

呼吸法と瞑想のセミナーに参加し、

それ以降は毎日欠かさずやった。

 

ガンの栄養とされるブドウ糖をカットするために、

糖質制限をした。ケトン体で体が動くようにして目指してきた。

まだ少なくはあるが体内のケトン体も出ている。

 

糖質制限を初めてから体重は落ち、2ヶ月で10kg落ちた

今までよほど糖分を溜め込んでいたのがわかる。

 

糖新生の作用で筋力は落ちてしまったが、

見た目はスマートになり、

顔色は以前よりよくなっている

 

ビタミンB1とビタミンC摂取がガンに良いと知り、

まずは試しにと適量を毎日飲んでいる。

 

これらのガン対策は、果たして実を結ぶのだろうか?

ガン対策に何の効果もなかったら?という恐怖

sad

正直なところ、何も効果も現れず、

加速度を増してガンが増殖していたらと思うと恐怖だ。

 

胸がギュッと締め付けられるし、

鼓動は早まり、頭が痛くなる。

 

 

膵臓ガンを甘く見すぎている。

あなたが父を殺すことになる。

 

そんなコメントをもらったこともある。

 

治療方針としてこれが本当にあっているのか?

 

そう悩むガン患者の方や家族の方も多いだろう。

みんなきっと同じ気持ちを味わってるんだろう。

 

血液検査の腫瘍マーカーの結果は、

父にとって、僕ら家族にとって本当に恐怖だ。

 

でも、もし結果につながらないとしても

まだ諦めるには早いだろう。

強い気持ちを持って臨みたい。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

doctor

膵臓がん宣告なんて笑い飛ばせ。

ビタミン・ケトン療法がガンに効く!オススメのサプリ。

green

希望。血液検査に落胆するのはまだ早い?

(怒)北朝鮮のせいでグアム行き家族旅行が無くなった。

膵臓がん

運命の血液検査、CA19-9激増。膵臓ガンは甘くなかった。

sad

真っ白な膵臓。膵臓がんがほぼ確定した。