膵臓がん宣告なんて笑い飛ばせ。

doctor

新潟の呼吸法・瞑想合宿の帰り、東京に住む姉も一緒に愛知へ戻ってきた。

父の精密検査の結果を一緒に聞くためだ。

現時点では、

膵臓がんがほぼ確定しているものの、

はっきりとした宣告は受けていない。

実際どのぐらいのステージかはわからないし、
もしかしたら余命3ヶ月だなんて言われるかもしれない。

父がショックを受ける可能性がある。

そんな時に父1人で行かせるわけには行かない。

 

病気なんて笑い飛ばしてしまえばいい。

笑い飛ばせ!

姉が面白い話を聞いてきた。

姉の友人の夫婦の話だ。

何の病気かは定かではないようだが、

旦那が急病にかかり今夜が山場だと伝えられたらしい。

その時嫁は、

大声で医師の宣告を笑い飛ばしたらしい。

看護師が彼女をなだめる。

「お気を確かに・・・!」

でも彼女は御構い無しに笑った。

何も気が狂ったわけではない。

彼女は意図的に笑ったのだ。

本当の寿命でなければ筋書きは変えられる。

彼女曰く、

人には本当の寿命が存在する。

その寿命であればそれは仕方がないこと。

ただし、

そうでなければ筋書きは変えられる

だから彼女は笑った。

医師が山場を宣告し、

そのままショックを受けて嘆き悲しんでいれば、

それは筋書き通りだ。

その筋書き通り旦那は死ぬしかない。

だから、大笑いをすることでその筋書きを、運命を変えるんだ、と。

彼女は心が未来を形作ることを知っていた。

今夜が山場だなんて状況は認めない。
笑い飛ばしてやったその先に、死なんて存在しない。

だから意図的にその力を使った。

そして旦那は、数年たっても元気に暮らしている。

膵臓ガンなんて笑い飛ばせ。

we can change our own story

その話を聞いて僕らは、

医師の宣告を笑い飛ばすチャレンジを決意した。

膵臓がんの宣告をされることは目に見えている。

だから、

父、僕、姉の3人で笑おうと。

おそらく変な目で見られることだろう。

医者の電子カルテには、「家族の反応」のような項目がある。

そこに「頭がおかしい」などと書かれるかもしれない笑。

父はあまり乗り気ではなかった。

当人だからそれは難しいことかもしれないが、

何とかチャレンジしてみようという話で固まった。

さあ、

いざ、

医師とご対面だ。

↓いつも応援ポチありがとうございます↓

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
ガンに関する本を無料で読みたおす裏技。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

family

ガンの手術を受けるか?抗がん剤か?家族の想い

ケトン体が上がらない。肉を解禁。MCTオイル。

敗血症から快復。9日間で退院できました。

膵臓がんの手術

迫る血液検査に恐怖。ガンへの対策は実を結ぶのか。

膵臓がん

膵臓がんの始まり、CA19-9腫瘍マーカーに異変。

ガンの父へ親孝行。スマホをプレゼント。